電話工事費用の相場は?NTTと業者の各担当工事別に徹底調査!

オフィスにビジネスフォンを導入するには、電話工事は欠かせないものであり、もちろん工事費用は掛かります。

しかし、一口に電話工事といっても「屋外」と「屋内」の工事に分類されます。具体的には「屋外」の電話工事とはNTTが行う建物までの電話線の引き込み工事のことを指し、「屋内」の電話工事とはNTTが建物まで引き込んだ電話線を、使用する電話機まで配線して利用できる状態にすることを指しています。

では、費用はどれくらいなのか?そこで、ここからは屋外のNTTが行う工事の費用相場と、屋内で専門の工事業者が行う工事の費用相場をご紹介いたします。

1. NTTが行う電話工事の費用相場

まず基本的な事ですが、NTTに電話工事を依頼する場合、局番なしの「116」に電話して申し込みをします。

では、その工事費用の目安はどれくらいなのか、簡単ではありますが費用の算出方法などご説明いたします。

①交換機工事

 これは、NTTの局舎内での工事費用になります。

 新設(1回線):1,000円

②屋内配線工事

既設の屋内配線を利用した工事:2,400円

新規に屋内配線を設置する工事:4,800円

③基本工事費

 こちらは、NTTの工事担当者の現地での工事費用になります。

 1工事派遣費:4,500円

基本的には、このようになり要するに、

① + ② + ③ = NTTが行う工事費用

ということになります。当然、契約する回線の種類や回線数で異なるので、「116」に問い合わせると詳しい説明があるかと思いますので、まずは問い合せてみましょう。

電話工事費用の相場は?NTTと業者の各担当工事別に徹底調査!

2. 業者が行う電話工事の費用相場

NTTでの工事が終わったら次は屋内での電話工事になりますが、こちらは専門の工事業者が行います。

そもそも専門の工事業者が行う「電話工事」は具体的に、

交換機工事

オフィスに設置して内線電話と外線電話同士を交換する交換機(PBX、構内交換機)を設置する工事です。

電話配線工事

ビジネスフォンは主装置と電話機がセットになっており、それをつなぐ線をオフィスの床やカーペット、壁などを這わせるのが電話配線工事です。

電話機設定工事

 電話機を接続して、設定を行う工事です。

という3つの工事の総称です。さらに、上記3つの工事以外に重要な工事があり、それが「回線工事」です。

その工事業者が行う回線工事は、工事内容によって、

 ①新規設置工事

 ②移設・増設工事

 ③配線整備工事

 ④撤去工事

と、大きく4つに分類され、工事の種類によって費用が異なります。

それでは、それぞれの工事の簡単な説明と、ある程度の費用相場をご紹介いたします。

電話工事費用の相場は?NTTと業者の各担当工事別に徹底調査!

①新規設置工事

 新規設置工事は、ビジネスフォンやFAXなどを新たに設置する工事のことを指します。

その工事の際、オフィスでの業務効率化という課題はどのような会社でも必須事項です。オフィスの新設や移転などが業務効率化のベストなタイミングであり、その中心となるのがビジネスフォンの新設です。

 その費用内訳と相場は以下の通りです。

内 訳 費用相場
作業員派遣費 10,000円/1人
主装置設置費 13,000円/1台
電話機設置費 9,000円/1台
データ設定費 3,000円/1台
FAX接続費 8,000円/1台
屋内配線費 15,000円/30m
工事費 計 58,000円~

※主装置の大きさにより、主装置設置費・データ設定費が変わることがあります。

また、モールやフラットケーブルなどの材料が必要な場合は別途に料金が発生します。

②移設・増設工事

仮にオフィス内に打ち合わせスペースを確保しようとしたとき、デスクのレイアウトを変更する必要が生じた場合、それと同時に主装置を基にしたビジネスフォンの配線も移動が必要となるケースが出てきます。

その際、自分たちで出来る範囲ではない場合や、大幅なレイアウトの変更など、主装置から電話機までの配線をし直す必要があり、そういった工事が移設・増設となります。その費用内訳と相場は以下の通りです。

内 訳 費用相場
作業員派遣費 10,000円/1人
主装置設置費 13,000円/1台
電話機設置費 9,000円/1台
データ設定費 3,000円/1台
回線収容費 5,000円/1回線
屋内配線費 15,000円/30m
工事費 計 55,000円~

※主装置の大きさにより、主装置設置費・データ設定費が変わることがあります。

また、モールやフラットケーブルなどの材料が必要な場合は別途に料金が発生します。

③配線整理工事

オフィスを開設して月日が経つにつれ、オフィス内のレイアウトは当然変化を続けることになります。

小さなレイアウト変更や移設・増設を繰り返していくうちに、電話を含めた配線は収拾がつかなくなったりします。その自分達では収拾がつかなくなった配線の乱れを、正しい配線に整備する工事が配線整備工事となります。

 その費用内訳と相場は以下の通りです。

内 訳 費用相場
作業員派遣費 10,000円/1人
配線整理費 20,000円~/1式
工事費 計 30,000円~

※配線整理は1式形状となり、工事材料がかかる場合は別途に料金が掛かることがあります。

④撤去工事

電話システムを構築してどのくらい経過しているか、といったことや、現在のアナログ回線から光回線やIP電話にしたいケースもあります。そうした場合、現在利用しているシステムは撤去する必要があり、その配線や電話機を撤去する工事がここでいう撤去工事になります。その費用内訳と相場は以下の通りです。

内 訳 費用相場
作業員派遣費 10,000円/1人
主装置撤去費 5,000円/1台
電話機撤去費 1,000円/1台
TA撤去費 500円/1台
工事費 計 16,500円~

※主装置の大きさによって主装置撤去費が変わることがあります。

 TA撤去費のTAとは、ターミナルアダプターのことになります。

3. まとめ

電話工事は、そう度々工事をする機会もないので、費用面に関しては分からないことも多いかと感じます。

ここまで、NTTが行う工事専門の工事業者が行う工事の2種類の電話工事の費用相場の目安をご紹介しましたが、あくまでも目安です。実際に電話工事を依頼する際は、当然見積もりを提出してもらうと思いますので、その金額が妥当なものなのか見極めることが大切です。

一般的には、ここで紹介した内容を目安にしていただければ問題ないと思いますので、提出された見積もりに変な項目や金額を見付けたらしっかり問い合わせておきましょう。

関連記事

  1. トラブル回避!電話工事の前と施工中に注意するべき5つのポイント

    トラブル回避!電話工事の前と施工中に注意するべき5つのポイント

    電話工事は業者が一任して行うため、依頼した時点で電話工事を丸投げしてし…

  2. 電話工事に必要な資格「工事担当者」と資格取得方法まとめ

    電話工事に必要な資格「工事担当者」と資格取得方法まとめ

    オフィスにビジネスフォンを導入する際などに行う電話工事には「工事担当者…

  3. 電話工事の勘定科目とは?電話設備の耐用年数は何年?

    電話工事の勘定科目とは?電話設備の耐用年数は何年?

    企業や会社またはSOHOでも、法人では何か物を買ったり、工事したりした…

  4. 電話工事の前に準備するべき4種類の「電話回線」を徹底比較

    電話工事の前に準備するべき4種類の「電話回線」を徹底比較

    電話回線を大きく分類すると、「アナログ回線」「デジタル回線(ISDN)…

  5. ビジネスフォンの電話工事の種類とは?セットで行う回線工事って何?

    ビジネスフォンの電話工事の種類とは?セットで行う回線工事って何?

    ビジネスフォンの電話工事は、その工事内容によって「新規設置工事」「移設…

  6. 電話工事の国家資格「工事担当者」の取得難易度と合格率とは?

    電話工事の国家資格「工事担当者」の取得難易度と合格率とは?

    電話工事に従事するためには、「工事担当者」の資格取得は必須です。資格保…

  7. 電話工事を依頼する業者選びで失敗しない5つのチェックポイント

    電話工事を依頼する業者選びで失敗しない5つのチェックポイント

    「電話を取り付けるだけなら、どの会社も同じじゃないの?」という考えは間…

  8. 電話工事の問い合わせから工事までの流れと事前に準備すべきこと

    電話工事の問い合わせから工事までの流れと事前に準備すべきこと

    オフィスはもちろん、個人でも引越しをした時など、「電話工事」を行わなけ…

  9. 電話工事とはどんな工事?これだけは知っておきたい基礎知識まとめ

    電話工事とはどんな工事?これだけは知っておきたい基礎知識まとめ

    「電話工事」と聞くと何となく大掛かりなものをイメージしてしまいそうです…

最近の投稿
人気の記事
PAGE TOP